小泉進次郎が農協改革で話題にした肥料購入について

   

最近政治やら小泉進次郎関連の動画を見まくって、すっかり政治女子(せいじょ??)になってきた感があるんだけど、またまたここで問題?が、発覚。

小泉進次郎が農業改革(結果、農協改革)に乗り出し、議論を重ねているうちにでてきた肥料問題について、なぜ肥料が問題になっているか、いくつかポイントを紹介するね。

その前に、農協で韓国肥料を取り扱う発端を紹介、小泉進次郎が安倍総理に国会で質問

「私は農林部会長になって、農協の皆さんと向き合う中で、今でもわからない、根本的な疑問があります。それは農協(JA)の皆さんは(中略)協同組合だからこそ、独占禁止法から適用を除外されている。だったら、なぜ農協より、ホームセンターの方が安いものがあるのか。北海道の陸別町農協という、餌を安く提供する農協の組合長と会った。なぜほかの農協の組合員は、その安いところから買えないのか。農業の世界では当たり前かもしれないが、私にはその当たり前が理解できない。1円でも安く必要なものを、どこからも自由に買うことができ、経営感覚をもち、自由な経営が展開できる。まさにそれこそやらないといけない構造改革だと思いますが、総理から答弁をお願いします」

小泉進次郎が農協改革で話題にした肥料購入について

農協改革の肥料問題ポイント1:安かろう悪かろう

日本の肥料が高い、一部は海外から輸入して安くで購入している。小泉進次郎がまずはそこを改めて、安く仕入れて安く農家に提供するよう要請。その後JA全農は一括(大量に必要な分を一括で)で韓国から肥料を購入することにしたと、発表があったとさ。

しかし、韓国の肥料は長期的に見た場合、結果的に日本の農業への信頼性を失う可能性があるらしいことも言われているんだって。

韓国肥料はレベルが低い、粗悪な可能性

韓国の肥料については、日本の肥料よりも3割〜4割安いらしいんだけど、韓国製ってぶっちゃっけ怖いかな・・・。(個人意見)キムチにも寄生虫が多くいるらしいし・・・。そもそも韓国製の生産物ってあまり耳にしないよね。アパレルだって安いっていうけど、縫製がめちゃくちゃ弱いって女子の間では有名。3回着たらポイするレベル。

 

農協改革の肥料問題ポイント2:朝鮮半島出身説

小泉進次郎の祖父(小泉進次郎の父)純也が、朝鮮出身っていう噂があって、その噂を元に、韓国贔屓しているんじゃないかって事。

これについては色々な噂(ゴシップ)があるので整理してまた紹介するね。

 

結果、韓国肥料の不買運動も勃発

農業系のグループがこぞって韓国肥料不買運動をしているんだって。2016年時点ではネットで記事になってたけど、2017年になってから韓国肥料不買運動の記事は見つからない。パフォーマンスだったのかな。

けど、農協改革については、現在はおさまったように見えているけど、小泉進次郎がこのままでは終わらないと思ってよ。

だって、太陽の会?っていう講演会(2017年2月)で短期的な問題にはしないって言ってた気がする・・・気がする。そして、若い女性が農業にもっと積極的に就職できるようなイケてる職業になれば、自然と良くなっていくと思うよ。

野菜を買うのは女子、野菜を作るのは男子っておかしくない??

作るのも女子、買うのも女子で一貫した方が、アイデアも生まれそうだけど、小泉進次郎の講演会にはほとんど男性なのが今の現実。けど、次の展開を楽しみにしてるよ!!!

PGN XOXO

小泉家の真実

1
えげつない!!小泉純一郎、新・家系図【石原慎太郎・エスエス製薬・自民党】

どこよりも詳しく、小泉進次郎の父である小泉純一郎の家系図を制作。もしかしたら間違 ...

 - 農業改革