小池百合子の街頭演説が「すごい」と言われる理由を解析

   

政治家になるための武器で、一般市民に有力なのが、街頭演説。スピーチ力。小泉純一郎、こい瑞進次郎の小泉親子は演説がうまいと言われているよね。

そして東京都知事の小池百合子。彼女また街頭演説がうまいと言われているけど、何でうまいのか、街頭演説を解析した結果、以下のことがわかった。

小池百合子の街頭演説が「すごい」と言われる理由を解析

すごいと言われる理由1:カタカナが多い?

PGN女子部は現代っ子なので、まぁまぁわかるけど、良くも悪くも印象に残ってしまうカタカナ(英語)。マニフェストが流行った時は、政治家が一斉に街頭演説でマニフェストマニフェストって言ってた記憶がある。

にしても、小池百合子はカタカナが多い。

ん?何?ってなるのは、小池百合子陣営の作戦かも!? 前向きにこの演説をとらえた場合、聴衆が30代20代10代の若者を狙っている場合は効果的かも。

すごいと言われる理由2:カラー

カラーバス効果

例:時計を買おうかなっておもった瞬間に、やたらと人の腕時計が気になったり、時計ってキーワードに耳を傾けてしまう効果。

小池百合子都知事の場合、緑色を基調としたカラーとして選挙を戦って来た。福島みずほ議員もカラーのファッションが多いけど、目立つためのカラーであって、統一性がない。

都内で緑色を見ると、小池百合子をイメージしてしまう。

緑色の効果

安心感や安定、調和を表す色です。木や森などの自然の色でもあるので気持ちを穏やかにし心をリラックスさせてくれます。黄色と青色の混色でも作られる緑は2つの色と似たイメージも持っています。控えめな色なので他の色とバランスがとれます。

なるほど・・・、これ狙ってたのかな?緑色の服も少ないし、印象に残る色してるよね。

すごいと言われる理由3:わかりやすい戦略

当時舛添都知事の時に浮き彫りになった問題を逆手に取った感じに!?

五輪の視察の費用、公用車の使用利用、韓国学校設立?など、都議会と都知事の不透明さが問題となってたけど、逆にわかりやすい戦略だったと思う。

新い戦略というよりも、今の東京を修正する。透明性のある政治の実行。これが民衆にはわかりやすく届いたと思う。

東京大改革宣言
明日のために、今はじめる。

・都政の透明化
・五輪*関連予算・運営の適正化
・行財政改革の推進
・都知事報酬の削減
・特区制度の徹底活用

*東京オリンピック、パラリンピック、東京の課題解決と成長創出のために、
3つの「新しい東京」をつくりますとして掲げたテーマ。

セーフシティ・ダイバーシティ・スマートシティ

といった具合に。反対に舛添都知事時代は何をコンセプトにしていたのか・・・、猪瀬都知事の問題だったこと、自民党からの出馬、対抗勢力に力がなかった。

など、結果オーライだけど、過去の政治から気づく点もあるのでメモさせてね!!!

すごいと言われる理由その4:女性の強さ・メディアを利用

小池百合子の最大の武器それは「女性」。後戻りができない挑戦に、テレビを見ている都内民衆は心を惹かれていったよね。

っていうか、

他の立候補者と比較すると、メディア露出が多かったよね。そこにカタカナ政治を持ち込むことで連日メディアではそれって何?ってことで報道も激化。

んーーー、何もかも狙ってやっているんだろうね。

すごい。

だからこそ街頭演説をすれば、何話してもインパクトあるよね。

ただし・・・、小池百合子の過去を見れば、街頭演説の表面的な動き以外にも色々とわかってくることもあるから、それは今後紹介する。

抑えるところを抑えて演説をすれば、言っていることが普通でもすごいって感じちゃう。ただ、他の立候補者に任せられないっていう現実もあったけど・・・

もし嵐の翔くんのパパがでてたらどうなってたんだろう!!!

小池百合子の票集めには色々な噂もあるけど、それはまた別の話。黒い話も紹介していきます!!!気になるよねー!!

PGN XOXO

小泉家の真実

1
えげつない!!小泉純一郎、新・家系図【石原慎太郎・エスエス製薬・自民党】

どこよりも詳しく、小泉進次郎の父である小泉純一郎の家系図を制作。もしかしたら間違 ...

 - 小池百合子