小池百合子ファッション本「着こなしの黄金ルール」の軍地 彩弓が気になる

   

2017年6月10日に小池百合子のファッション本、着こなしの黄金ルールが発売された。その中では小池百合子自身のファッション感についてこと細かく紹介している。

当然小池百合子ファンには人気の本になることは間違いないと思うけど、それよりも注目したいのが、「軍地 彩弓」さん。

ファッションの本と、軍地さんも紹介させてーーー!!

小池百合子ファッション本「着こなしの黄金ルール」の軍地 彩弓が気になる

膝丈スカート、ハイヒールを諦めている小池百合子同世代女子は必見の内容。

ファッション本、着こなしの黄金ルールの目次

★百合子スタイルには年齢&体型カバーのお手本がいっぱい!
着やせ・着回し・くすみカバーのアイデアが満載の着こなしから、
今すぐ真似できるテクニックを豊富な写真とともに紹介します。

★百合子スタイル15の法則
1.色を怖がらない
2.ベーシックカラーこそ華やかに
3.柄物を上品に攻略する
4.ひとつボタンで理想のXラインに
5.ソフトなVラインでスラリと見せる
6.お腹を目立たせないIライン戦法
7.デコルテの威力を最大限に生かす
8.大ぶりアクセで顔にフレームをつける
9.こなれて見えるスカーフづかい
10.着回しの達人になる
11.手首のチラ見せでフェミニンに
12.タイトスカートを堂々とはきこなす
13.6cmヒールで美脚を手に入れる
14.大人のパンツルックはサイズ感が命
15.中折れ帽でおしゃれ度アップ

お近くの書店で売ってない場合もあるので、Amazonで注文した方がいいかも!!

この目次だけでも気になるけど、やっぱり気になるのが軍地さん。だって、小池百合子の本を出すぐらい信頼関係がないと監修も入れないでしょ!?

軍地彩弓(ぐんじさゆみ)プロフィール

軍地彩弓の経歴(ぐんじさゆみ)

生年月日:1964年
出身地:茨城県生まれ

1984年 中央大学文学部哲学科社会学専攻入学学生時代からリクルートでプランニングの仕事に関わる。その傍ら講談社の『Checkmate』でライターのキャリアをスタート。

卒業と同時に講談社の『ViVi』編集部で、フリーライターとして活動。その後、雑誌『GLAMOROUS』の立ち上げに尽力する。

2008年には、現コンデナスト・ジャパンに入社。クリエイティブ・ディレクターとして、『VOGUE GIRL』の創刊と運営に携わる。

2014年には、自身の会社である、株式会社gumi-gumiを設立。現在は、雑誌『Numéro TOKYO』のエディトリアルディレクターから、ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)のファッション監修や「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)のゲストコメンテーター、Webメディア「東洋経済オンライン」での連載執筆まで、幅広く活躍している。

リクルート出身でなおかつニュース番組、ドラマ、執筆活動と多くのメディアに関わっている女性らしい。

小池百合子は1952年生まれなので、年齢は離れすぎず、近すぎずって感じ。

軍地さんも都民ファーストの会へ?

かなりの憶測だけど、これを機会に政界へ進出する可能性もあり!?

自民党のどうしようもない問題が日々暴露されている今だからこそ、都民ファーストの会が注目されているよね。

軍地彩弓さんの動向に注目が集まりそう!!

軍地彩弓SNS

公式Twitter

News Picks(会員登録が必要)

新たな風、波を起こせる女性として、軍地彩弓さんに注目していきたいと思います!!小池百合子のファッション本もチェックしてね!! PGN XOXO

小泉家の真実

1
えげつない!!小泉純一郎、新・家系図【石原慎太郎・エスエス製薬・自民党】

どこよりも詳しく、小泉進次郎の父である小泉純一郎の家系図を制作。もしかしたら間違 ...

 - 小池百合子